◇主日礼拝
【毎週日曜日 午前10時15分~12時 於教会堂2階礼拝堂】

 教会は、主イエス・キリストが日曜日の朝にお甦りになったことを喜びをもって覚え、日曜日を「主の日」「主日」と呼び、神を喜び神に栄光を帰する礼拝の日として重んじます。「主日礼拝」は教会の最も大切な集まりであり、教会のあらゆる活動の中心です。礼拝では、神を讃美する讃美歌を歌い、祈りをし、神の言葉である聖書が読まれ、聖書を説き明かす説教が語られ、聖餐を祝います。滝野川教会では毎週の礼拝において聖餐を祝っています。この説教と聖餐を中核とする礼拝において、私たちは生ける神との出会いを経験します。また主イエス・キリストの救いの出来事へと招かれます。そして新しく自分自身と隣人を発見する経験も与えられることでしょう。
 礼拝は、私たちが新しく創り変えられる〈リ・クリエーション〉のときです。さまざまなリクリエーションがあふれる中で、礼拝で経験される〈リ・クリエーション〉が多くの方に与えられますようにと願っています。

 礼拝はすべての方に開かれています。どなたでもどうぞおいでください。お待ちしております。初めての方は、【初めての方へ】もご覧ください。

◇祈祷会
【毎週木曜日 午前10時半~/夜7時~ 於百周年記念館小礼拝堂

 祈祷会では、牧師が聖書を説き、共に聖書の言葉への理解を深める学びをした後、集まった者たちが共に祈りを合わせます。滝野川教会では、この木曜日の祈祷会を「聖書研究祈祷会」と呼び、教会の歴史の初めの頃から、大切に守り続けています。

 聖書の言葉に導かれて共に祈るひとときは、神が共にいてくださることを実感する幸いな時間です。人前で祈ることがためらわれる方は無理に祈る必要はありません。他の人が祈る言葉を聞き、祈りの心を合わせてください。

 教会はいつでも、病や苦しみの中にある方々のために、また世界のために、日本の国のために、災害に遭った人々のために、戦争や紛争の中にある人々のために、祈り続けています。

 聖書の学びはしてみたいけれども祈ったことがないという方も、どなたでも、ご参加ください。


※祝日はお休みとなります。
※夜7時の回は、Zoomを併用して行っています。

◇その他の集会

全体聖研
 第三日曜日の礼拝後、教会堂1階フェローシップホールにて行われている聖書研究会です。

平日聖研
 毎月第一火曜日10時半~、百周年記念館2階で行われている聖書研究会です。

青年会
 毎週日曜日礼拝直後、短時間集まり、聖書を読んでいます。

社会人の集い
 現在休会中

婦人会
 オンラインの聖書研究会や、バザーなど、様々な活動をしています。

壮年会
 壮年男女の会です。全体聖研に参加した後、例会を行っています。